岩田 礼 / いわた れい

中国語の方言と音声を中心に研究をしています。方言の分野では、基礎語彙を中心にデータベースを構築し、方言地図を作成し、それを言語地理学の角度から解釈します。この作業を通じて、言語変化の有様を捉えることができます。また人間の事物に対する認知形態が見えてきます。私達の中国語方言研究は国際的にも高く評価されています。一方、音声の研究は日本の中国語研究で最も遅れた領域であり、パソコンによる音声分析など多くの研究の余地が残されています。たとえば、声調言語である中国語の文イントネーションはどのように実現されているか?方言にせよ、音声にせよ、好奇心旺盛な若者が、これら未開拓の領域にチャレンジするよう願っています。

研究者情報