加藤 和夫 / かとう かずお

専門は日本語学、方言学、社会言語学です。主として、現代日本語における共通語と方言の関係に関する研究、とりわけ北陸方言を対象とした伝統方言の記述・分析と分布調査にもとづく言語地理学的研究、方言の変容に関する社会言語学的研究に取り組んでいます。また、それらの成果を活用しての地域貢献(方言啓蒙書の出版、地域の広報誌の方言コラム執筆、地元放送局ラジオ番組・方言コーナー監修、方言を活用した地域おこし活動への参加等)や地域の学校教育(国語教育)、日本語教育における方言学習に関する実践・研究も進めています。ほかに、日本語教育に関わる現代日本語研究全般についての院生指導も行っています。詳しくは研究室HPを参照してください。

研究者情報