人間社会環境研究科とは?

人類と人間社会の諸課題に応える

新たな組織として――人間社会環境研究科

金沢大学大学院 人間社会環境研究科長 鏡味治也

金沢大学大学院
人間社会環境研究科長
鏡味治也

21世紀に入り,人類は,激動の時代を迎えています。地球温暖化に象徴される様に,地球の有限性をますます意識せざるをえず,宇宙船地球号の中で,自然環境を考えざるを得なくなっています。人間の創り上げてきた社会環境も多くの問題をはらんでいます。経済,政治,法・制度や,個人,家族,地域から自治体,国家,そしてグローバルなレベルまで,戦争,飢餓と貧困,不公平と差別の解消等,諸課題が私たちにその解決を迫っています。
このような時,金沢大学人間社会環境研究科は,2006年4月,博士前期課程と博士後期課程からなる区分制大学院として発足しました。
これまでの3つの修士課程研究科(文学研究科,法学研究科,経済学研究科)を統合し博士前期課程とし,これと従来の博士課程の社会環境科学研究科をさらに統合しました。
直面する人類の諸課題そして人間生活の日常の諸問題に対応するためには,とくに人文,社会諸科学の専門性を深め,他方で,広く自然科学とも連携した諸科学の学際的な協力が不可欠と考えたからです。

5専攻に生まれ変わった――博士前期課程

2012年4月から博士前期課程は,現行の3専攻を廃止し,5専攻としました。まず,学士課程に従来からの学問分野に即して設置された人文学類,法学類,経済学類における専門分野の教育を継承し,高度専門職業人教育を行う人文学専攻,法学・政治学専攻,経済学専攻の3専攻を開設しました。さらに,現代の複合的課題への対応を主眼とした学際的な教育を行うため,学士課程の地域創造学類,国際学類の専門性を高度化した地域創造学専攻及び国際学専攻の2専攻を新たに設置しました。地域創造学専攻では,地域に暮らす人と社会環境に関する諸問題の解決に取り組む能力を育成すること,また国際学専攻,とりわけ国際関係・地域研究コースでは,外国語運用能力を基礎として国際社会の諸問題に取り組む能力を育成することを目的とし,そのための専門性と学際性を担保したカリキュラムを編成しました。
取得学位は,修士(文学),修士(法学),修士(政治学),修士(経済学),修士(経営学),修士(地域創造学),修士(国際学),修士(学術)です。仕事を続けながら修士号を1年で取得できる短期(1年)在学プログラムも設けられています。

専門的研究を――博士後期課程

博士後期課程の目標は,「大学教員・民間シンクタンク等の研究者や,企業・自治体等の研究的能力を有する高度専門職業人の養成」です。
そのため,博士後期課程では,1つの専攻のコースを3つに再編成しました。ここで,皆さんに,前期課程で培った人間社会環境に関する専門基礎的な洞察力を踏まえて,先端的研究能力を陶冶していただきます。
前期課程からの進学者に加え,社会人,留学生と多士済々の皆さんをお迎えしています。公務員,会社員,大学の現役の先生,年輩の方も研究に励んでいます。まさに,生涯教育の場といえるでしょう。
取得学位は,博士(社会環境学),博士(文学),博士(法学),博士(政治学),博士(経済学),博士(学術)であり,その進路は,大学等の研究,教育職が多いのですが,公務員,民間企業等への就職と多様です。
人間社会環境研究科は新しい時代の問題解決を目ざす新しい組織です。私たちは,皆さんのご希望,夢をかなえるため教育・研究環境を整える努力をしています。
この組織を最大限活用して,新しい学問を創り上げ,問題解決に取り組むという壮大な事業に果敢に挑戦して下さい。皆さんの御参加を期待します。