学位授与方針

地域創造学専攻は,高度な「地域創造力」の修得基準を次のように定めています。

  1. 地域に暮らす人,社会,環境,及びそれらを取り巻く諸問題を理解する高度な専門的知識を修得している。
  2. 地域課題を発見し解決するために,柔軟な思考力をもって的確な考察と判断ができる。
  3. 人と社会と環境に高い関心を持ち,地域の持続的発展に貢献する意欲を持っている。
  4. 専門的研究への探求心と学際的見識の獲得に高い関心と意欲を持っている。
  5. 他者を尊重し社会の一員として主体的に地域に貢献できる。
  6. 地域課題を発見し解決するために必要な科学的調査や分析手法を修得している。
  7. 情報収集・議論・成果報告にかかる高度なコミュニケーション能力を修得している。

研究者を目指す学生において

  1. 地域課題を発見し解決するために必要な高度な専門的科学的調査や分析手法を修得している。
  2. 強い学術的探求心を持って継続的に研究従事する意欲を持っている。

学生受け入れ方針

地域創造学専攻は, 学士課程教育で培った基礎的な地域創造力を伸ばし,地域社会の多様な諸問題に対応できる力を修得する意欲を持った学生の方を受け入れます。

また,自治体や企業,非営利組織の職場等において感じている各種の地域課題を客観的・学術的に捉え直し,専門的・学際的な知見から問題解決に役立つ知識と方法の修得を目指す社会人,地域課題解決を学ぶ様々な分野の仲間たちや教員との論理的思考トレーニングやディベート手法等を活用して,業務遂行上に必要な技術の修得とキャリアアップを目指す意欲ある社会人の方を受け入れます。

日本における地域課題とその解決について学び,母国の地域創造のリーダーとして働く意欲を持った外国人留学生の方を受け入れます。

具体的には,以下に示す基礎的な地域創造力を有する学生を求めています。

  1. 地域に暮らす人,社会,環境及び,それらを取り巻く諸問題を理解する基礎的な専門的知識を修得している。
  2. 地域課題を総合的に思考し判断することができる。
  3. 人と社会と環境に高い関心をもち,それを学ぶことに強い意欲を持っている。
  4. 地域課題の解決に必要な基礎的な調査や分析手法を修得している。
  5. 情報収集・議論・成果報告にかかる基礎的なコミュニケーション能力を修得している。

社会人学生において

  1. 地域課題に対する高い問題意識とそれを学術的に解決しようとする強い意欲を持っている。

社会人(短期型)学生において

  1. 1年で修了することができる地域課題解決の経験と学力を有している。