カリキュラムポリシー

地域創造学専攻は,高度な「地域創造力」を獲得するためのカリキュラムを配置しています。

  1. 専攻内を細分化せず,様々な分野の科目を履修することができる学際的カリキュラム。
  2. 地域創造学類の学士教育課程を発展させた,高度な地域創造力を育成する質の高いカリキュラム。
  3. 国・地方自治体や企業・NPO等が求める政策・企画立案能力を持った高度専門職業人を養成するためのカリキュラム。
  4. 地域社会に生起する諸問題の把握とその解決を目指す複合的な教育研究に対応した課題基盤型カリキュラム。
  5. 地域創造力を専門的・学際的に学習する階層的なカリキュラム。
  6. 社会人を対象とした長期在学及び短期在学型のプログラムに対応した指導体制。
  7. 学際的複眼的な視野を持った人材を育成するため,自専攻以外の専攻や他研究科の授業科目受講を推奨。

課題型学修を目指す学生において

  1. 地域における実践的な課題解決を学ぶ課題型インターンシップ(長期)を配置する。

社会人学生において

  1. 地域創造学の基礎的な教育を受けてこなかった社会人学生や外国人留学生に対しては,地域創造学の学力を強化する「基礎講義A・B・C・D」を配置する。
  2. 論理的思考トレーニングやディベート手法等を活用して業務遂行上に必要な技術を修得し,理論と実務のかけ橋となるようなキャリア強化プログラムを配置する。

研究者を目指す学生において

  1. 地域課題の解決に寄与する学術研究に取り組む研究者を養成するため,指導教員の下で,他専攻あるいは,他研究科の授業履修を奨励する。

カリキュラムマップ