概要

民事法学は,私人間の関係を規律する法の解釈を任務とします。個人の自由な活動が我々の社会をより豊かにするという理念の下,市場倫理を守りつつ社会の変化に柔軟に対応するため,創造的な研究が求められます。

主な授業科目

注意事項

  1. 入学後の研究計画の内容によっては、志望する専攻、プログラム以外の教員を指導教員として希望することが可能です。
  2. * を付した教員は他専攻の専任教員であり、法学・政治学専攻院生の指導教員にはなれません。
  3. 教員の異動等により変更することがあります。